教育目標・方針

教育目標

1 よく考えて行動する子ども
すすんでチャレンジし、個性豊かに生き生きと活動できる子
2 思いやりのある子ども
互いに仲良く助け合い、認め合い、高め合う子
3 明るく元気な子ども
人に優しくしなやかな心をもち、最後までやりぬく子
4 未来を拓く子ども
自己の未来を切り拓き、他者と協調しながら社会の未来を考える子

教育方針

自ら学び自ら考える力を育てる学習指導(知育)

  • 学習の質を一層高める授業改善の取組を活性化し、主体的・対話的で深い学びを意識した授業づくりによって、自ら学び、自ら考える思考力・判断力・表現力を身に付けさせる。
  • 小中9年間を見通した系統性・統一性のある基礎的・基本的な知識・技能の確実な習得及び思考力・判断力、表現力等を育成する指導を推進し、確かな学力の定着を図る。

豊かな心を育む教育活動(徳育)

  • 日常的で組織的な指導を通して規範意識や社会生活のルール、公共心を確実に身に付けさせ、命と心の大切さを考える等人権意識を育成する教育活動を推進するとともに、いじめは絶対に許さないという学校風土を作る。
  • 他者と上手に関わりながら自らの力を高めることを通して、自己有用感を育成し、自分をかけがえのない存在ととらえる自己肯定感を育てる。また、体験活動で関わる人々との交流や特別支援学級の交流・副籍制度の推進などから、思いやりの心を育む。家庭との連携を図り、自主的・自律的な生活習慣の定着や心の醸成を図る。

強くたくましく生きる力を育てる教育活動(体育)

  • 統一体力テストの実践を通して実態を知り、一校一取組及び一学級一実践を行い、体力向上を推進する。
  • 健康増進・安全に努める児童を育むために、町田市小中一貫教育カリキュラムを踏まえ、食事の重要性を理解させる食育指導、交通事故や薬物汚染から身を守るための安全指導を推進する。
  • 児童が生涯を通じて心身の健康保持・増進に努め、たくましく生きるための指導を推進する。

自分の未来、社会の未来を切り拓く力を付ける教育活動

  • 地域の人々や自然・文化の中で様々な体験的な活動ができる場を設定し、環境、人権、国際理解教育等を進め、郷土に対する愛着や誇りをもたせるとともに、持続可能な社会の創り手として未来を拓く力を身に付けさせる。

評価方法

  • 日常的な教育活動の公開を進めながら学校運営状況についての自己評価を公開する。また、保護者・学校支援地域理事による学校関係者評価の公開にも努め、学校の説明責任を果たしながら、開かれた学校づくりの推進を図る。同時に、学校・家庭・地域共通の課題の共有化を進め、信頼される学校づくりの推進を図る。

現在編集中です。
最新の情報が更新されるまでお待ちください。