校章

校章

本校は、昭和30年に第一小学校から分かれて開校しました。  校章は、梅の花びらの中に町田という文字が刻まれており、その由来は、原町田1丁目の町田天満宮に祀られている菅原道真公にあります。道真公は、平安時代の公卿であり、学者としても文人としても有名です。 梅をこよなく愛した道真公のように、優れた学問を修める児童に育つことを願い、町田第一小学校の校章が明治11年に制定され、そのデザインを受け継いで本校の校章ができました。

校歌

若林 牧春  作詞 平井 康三郎 作曲

町田市本町田出身の若林牧春先生に、本校の付近を散策し、森野の風景を見て作詞していただき、平井康三郎先生に作曲をしていただきました。     昭和34年3月11日、児童全員が集まり、校庭に集まり、若林先生のタクトにより校歌を斉唱しました。その後、先生より一句いただきました。   くも光る空にあがれる子らの声 校歌発表の庭の春の日に

校歌