全国小学校社会科研究協議会

「全国の社会科を学ぶ力を合わせて 研究の継続を」

TOKYO2020が開催された夏休みを終え、新学期が始まりました。感染症の拡大により全国の学校で様々な対応を余儀なくされているこの頃です。そのような中ですが、社会科は研究の歩みを止めることなく、今年度も10月に大阪大会、1月に佐賀大会を予定しております。録画による授業検討やオンラインとの併用も思案されています。形は今までと違ってもそこには、子供たちの姿や研究の成果を全国に広めようという各地域の先生方の熱い思いを感じることができます。ぜひ、全国の皆様、応援をよろしくお願いいたします。全小社研は、社会に見られる課題を追究していける子供たちを育てるべく、今後も研究活動を続けていきたいと思います。one step at a time 一歩ずつ前を向いて一緒に歩んでいきましょう。

全小社研会長 台東区立忍岡小学校長 吉藤玲子

 

「第59回全小社研大阪大会」のご案内

 新型コロナウイルスとの闘いのなか、神奈川大会から福岡大会とつないだ研究のバトンを引き継ぎ、令和3年10月29日(金)に「第59回全国小学校社会科研究協議会研究大会大阪大会」を開催します。
大会主題は「確かな知識をもとに、よりよい社会を創造できる子どもを育てる社会科学習」です。
全国の先生方に大阪においでいただき研究大会を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため。開催方法をオンデマンド配信及びオンライン配信に変更して実施することといたしました。
詳細は、全小社研大阪大会ホームページをご覧ください。
https://zenshosya2021osaka.com

大阪大会

令和3年度 全国小学校社会科研究協議会研究大会 佐賀大会(一次案内)

令和3年度は、1月に九州の佐賀県で大会が予定されています。
多くの方のご参加をお待ちしております。下記案内をご覧ください。
<一次案内>

新着記事

新着文書